中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

サンプル全体がPCR検査を実現!山東省の「八つの100%」によって海外からの輸入症例を防止

2020/4/2 13:59:23   來源:中国山東網 2020/4/2 13:59:23

  2日に開催された山東省政府新聞弁公室記者会見によると、青島、済南の税関は輸入症例の防止を当面の重点とし、入国者全体に対して「三つの検査、三つのスクリーニング、一つの移転」と「八つの100%」を厳格に実施する。口岸検疫の防御線を構築、疫病が口岸を通じて拡散することを断固阻止した。

  青島税関副関长、党委員石勇氏の绍介によると、山東省は「口岸入国者を対象に新型肺炎疫病操作案内(試行)」「運輸手段登録検査操作マニュアル」などの業務规范を印刷・発表、入国者や交通手段に対する検査措置を全面的に強化、毎日口岸(出入境検査場)に対して体温を測定、検験検疫情報の保存完全、可遡及を確保する。疫病が発生した国と地域からの入国航空便に対して専用通路を指定した。

  入国者全体に対して、「三つの検査、三つのスクリーニング、一つの移転」を厳しく実施した。「三つの検査」は健康カードの検査、体温測定スクリーニング検査、医学巡査を全面的に展開することである。「三つのスクリーニング」は疫学スクリーニング、医学スクリーニング、実験室検査スクリーニングを実施することである。「一つの移転」とは判定した確認された患者、感染の疑いがある人、症状感染者と無症状感染者の「4種類の人員」に対して、一関連規定に従って地方連合コントロール機構に渡し、その後の処置を行うことである。

  現在、山東省は「八つの100%」を既に実現した。入国航空便に対して全部に搭乗検査を行い、入国者全体に対して健康申告検査、2回の体温検査、医学検査、疫学調査、医学スクリーニング、PCR検査をしなければならない。全部が規定に従って地方連合コントロールメカニズムに移転した。

  次、青島、済南の税関は配置の分析、健康申告の厳格化、体温モニタリングの強化、サンプル採取検査の规范化などで力を入れて、能力を口岸検査能力を向上させ、地方との連合コントロールメカニズムの建設を完備させ、データ共有、人員の処置と疫病予定抑制の協力を強化、疫病との戦いを勝ち取るために税関の役割を発揮する。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室