中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

成都で2000年以上にわたり使用されてきた古墳6000基が発見

2020/5/18 10:06:06   來源:人民網日本語版 2020/5/18 10:06:06

  成都文物考古研究院は今月14日、四川省の成都平原の南東端にある新川イノベーションテクノロジーパークの建設予定地で、5年かけて行われた考古学発掘調査により、古墳6000基以上が発見されたことを明らかにした。最も古い古墳と最も新しい古墳が作られた時代の期間は2000年以上にのぼり、大きな時代の「断層」はなく、まさに四川省の歴史の半分がこの地下に埋葬されているようだとその価値が高く評価されており、これは四川省における貴重な通史式古代古墳となっている。光明日報が報じた。

  2015年3月、新川イノベーションテクノロジーパークの着工前に、成都文物考古研究院は慣例に基づき、調査を実施した。そこから新石器時代末期の住居跡だけでなく、大量の古墳も発見された。これまでの5年間の考古学発掘調査により、古墳6000基以上のほか、大量の貴重な文化財が発掘された。そして、古代の成都の人々の豊かで多彩な生活様式が、現代の人の目の前に浮かび上がってきた。

  今回、1万点以上の陶、磁、銅、鉄、ガラス、石などの材質が異なる品々が出土した。うち、戦国時代末期の地名・郫県を表す「郫」という文字が刻まれた戈、前漢時代の外国の文字や龍の模様が刻まれた鉛餅、新莽時代の金メッキの貨幣「一刀平五千」、後漢時代の絵が刻まれた石棺、晋の時代のインド洋地域から伝わったと思われるガラス玉などの遺物は、極めて高い歴史的、芸術的価値を備えている。

  今回出土した鉛餅の裏側には龍の模様が、表には外国の文字が刻まれている。また、2ヶ所に極印が打たれ、「少」という字も刻まれている。考古学専門家の劉雨茂氏は、「漢代の皇室で教育係を務めた少傅と関係があると推測される。漢代の皇室が鋳造していた貨幣を使って、西洋諸国と交流していたことを証明できる可能性が高い。西域に出使した張騫をめぐる歴史的事実を組み合わせて考えると、この龍の模様が刻まれた鉛餅は北方シルクロードと関係がある可能性が高い」と説明する。

  発掘の過程で、考古学専門家は、古墳の中で、彩色されたガラス玉を発見した。専門家の左志強氏は、「被葬者の胸や脛の辺りからガラス玉が発見されたので、首飾りであると推測している。このガラス玉を制作する技術は、インド洋のスリランカのマンタイ港などのガラス制作技術と似ている。学術上、『インド—太平洋玉』と呼ばれ、南方のシルクロードか、海上シルクロードを通して四川に伝わった可能性がある」と説明する。

  「人民網日本語版」2020年5月15日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室