中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

炭酸飲料の飲み過ぎで、視力が悪化することが明らかに

2020/5/21 10:27:26   來源:人民網日本語版 2020/5/21 10:27:26

  国家衛生健康委員会はこのほど「児童・青少年の新型コロナウイルス感染期間中の近視予防ガイドライン」を発表し、近視予防の秘訣を伝えた。北京青年報が伝えた。

  ◆ニンジンで近視は予防できず

  ニンジンの栄養の最も大きな特徴は、カロチンを豊富に含むことだ。うちβカロチンが約85%を占め、αカロチンは15%以下。体内で抗酸化、免疫調節、がん細胞の増殖抑制といった、さまざまな健康促進効果を発揮する。ニンジンが視力に対してもある程度のメリットを持つことは間違いない。これはβカロチンが体内でビタミンAに変化するからだが、近視を予防できるわけではない。

  ◆炭酸飲料で近視が悪化

  専門家によると、炭酸飲料を頻繁に飲むことで身体能力が落ち、近視の悪化につながるという。炭酸飲料を頻繁に飲むと体内のカルシウムが減るため、強膜のカルシウムの含有量が減少する。それにより眼球の正常な弾性が失われ、眼球が引っ張られてのびやすくなり、近視が悪化する。

  ◆屋外運動が目の健康を保つ

  大金を費やし子供にブルーライトカットの眼鏡や近視矯正グッズを購入する時に、最もシンプルで効果的に目の健康を保つ方法が身近にあるとは思いつかないだろう。ガイドラインによると、適度な屋外運動は、子供の健康状況を改善できるだけでなく、児童・青少年の近視を予防するうえで重要な役割を果たしている。十分に日差しを浴びる日中の運動は、近視を予防できるだけでなく、すでに近視になった子供の近視が悪化することも抑制できる。(編集YF)

  「人民網日本語版」2020年5月21日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室