中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

中国共産党創立99周年 習総書記が共産党員の志を語る

2020/7/1 8:57:30   來源:CRI 2020/7/1 8:57:30

  今年7月1日は中国共産党創立99周年です。創立当時、党員は50人ほどしかいませんでしたが、今日に至っては世界一の大きな政党になっています。

  2017年10月31日、習近平総書記は新たに選出された中国共産党中央政治局常務委員を率いて、上海と浙江省嘉興市に赴き、中国共産党第1回全国代表大会の開催地と嘉興紅船(最終日の会場)を見学しました。その際に習総書記は数回にわたって「初心」という言葉を使いました。

  習総書記は第19回党大会の報告で、「初心を忘れずにいてこそ、良い結果が得られる。中国共産党員の初心と使命は中国人民の幸せと中華民族の復興を図ることである。これは党員が絶えず進むことを鼓舞する根本的な動力だ」と強調しました。

  2015年、習総書記は貴州省花茂村で貧困脱却の状況を実地踏査し、「党中央が制定した政策の良し悪しは村民の生活に映し出される。我々の世代には一般市民、特に農民の生活を支える志がある。社会主義の道において一人も遅れてはならず、みんなが豊かになることが必要だ」と述べました。

  2020年、中国の感染症対応は「人民至上」の理念が反映されています。習総書記は、「人民至上、生命至上とは、人民の安全と健康を守るためなら、あらゆる代価を払っても構わないことである」と話しました。

  第18回党大会以降、習総書記が行った党のより一層厳格な管理、力強い腐敗取締りは人々に深い印象を残しました。

  未来に向けて習総書記は、「党員は歴史と人民により良い成果をもたらすべきである」と強調しています。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室