電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東正文

ハイエンド製造業+人口知能産業チェーン 青島高新区

2020/7/9 11:31:34   source:中国山東網

  「ハイエンド製造業+人口知能産業チェーン」の優位性をフォーカスするため、青島高新区は育成・けん引を並行して、ソフトウェア開発、システム集積、ソリューションなどをカバーする全産業チェーンを構築、産業発展の風向計を樹立した。

  このほど、青島高新区のある会社が自主開発した次世代港口移動ロボットはシンガポール港で運用開始した。世界最大のコンテナ中継港センターとして、シンガポール港が青島製の移動ロボットを選択したのは、この会社が持っている世界クラスの人工知能技術に気に入ったのだ。

  青島新松ロボット自動化有限会社の劉長勇総裁によると、同ロボットはの港口屋外環境、劣悪な環境で作業できる。それは知能調達機能を持っち、知能輸送を実現、限られた空間に埠頭がスマート化調達が可能になった。

  同社が青島高新区に設立することを誘致したのは、青島高新区の優れた産業発展環境である。科学技術部が許可した国内初のロボットハイテク産業化基地として、青島高新区は育成と導入を堅持し、本土の優勢を発揮し、導入ルートを最適化し、「ハイエンド制造業+人工知能」の全産業チェーン配置を持続的に推進している。

  今の時点で、青島高新区はすでにソフトウェア開発、システム集積、ソリューション、キーパーツなどの「ハイエンド制造業+人工知能」産業チェーンの200以上の関連プロジェクトを導入し、総投資額は160億元を超え、人工知能分野のガゼル企業8社を育成し、産業チェーン企業のクラスター化発展のパターンは基本的に形成した。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室