電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東正文

済南がスマート中医薬産業に力を入れ

2020/7/9 15:23:19   source:中国山東網

  扁鵲中医薬国際発展センターが建設開始、十二省(区、市)漢方薬仕入れ連盟が成立、山東漢方薬インターネット取引プラットフォームがスタート、第2回世界中医薬インターネット産業大会が9月に済南で開催される予定。7月7日、山東(済南)中医薬産業革新発展プロジェクトが済南で起動した。

  扁鵲中医薬国際発展センタープロジェクトは済南の東部に位置して、「健康介護済南を作り上げ、文化によりけん引、産業により支援、産業の成長点を育成」を指導思想建設とする。済南扁鵲健康町はその重要な構成部分として、中医薬スマート薬局産業エリア、中医デジタル化伝承と中医文化展示交流エリア、生態健康介護産業エリアの三つのエリアに分かれた。

  活動現場において、山東省医療保障局が発起した十二省(区、市)漢方薬仕入れ連盟が成立され、山東漢方薬インターネット取引プラットフォームがスタートした。連盟は省間の中医薬産業経済貿易の協力交流を強化し、中医薬の生産・供給・販売の一体化する発展を推進する予定。

  山東漢方薬インターネット取引プラットフォームは政府により指導・監視、市場化運営したデジタル取引プラットフォームである。山東省インターネット大健康サービスプラットフォームの建設によって、漢方薬取引のデジタルサービス体系、天ブロックチェーン技術に基づく品質追跡システムと国際に認可される検査検測システムの建設を通じて、国内・海外市場に向けて、国際漢方薬インターネット取引センターを作り上げて、中医薬が世界に進出することを推し進める。

  第2回「世界中医薬インターネット産業大会」は今年9月に済南で開催される予定で、大会は30の分科会を設け、インターネットで世界に同時で生放送する予定である。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室