電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホームエンタメ正文

許鞍華(アン・ホイ)監督、第77回ヴェネツィア国際映画祭「栄誉金獅子賞」受賞

2020/7/23 9:56:34   source:CRI

图片默认标题_fororder_9-1

  「欧州3大映画祭」の1つであるヴェネツィア国際映画祭。77回目を迎える今年は、コロナ禍にもかかわらず9月2日~12日にオンラインでなく通常開催の授賞式を実施することが決まりました。今年、映画芸術に特別な貢献をした映画人に贈られる「栄誉金獅子賞」は、中国の許鞍華(アン・ホイ)監督と英国女優のティルダ・スウィントンが受賞することになりました。同賞が女性監督に授与されるのは、世界初となります。

  受賞について許鞍華監督は、「非常にうれしい。受賞できて光栄です。世界の様子が早く好転して、みんなが今の私のようにうれしい気持ちになってほしい」と喜びのコメントを寄せました。

  許鞍華監督は、1947年に中国・遼寧省で中国人の父親と日本人の母親の元に生まれた中日ハーフ。中国映画シーンを代表する女性監督として知られ、数々の名作を世に送り出してきました。彼女とヴェネツィア国際映画祭との関わりは深く、2003年に第60回ヴェネツィア国際映画祭コンペ部門で審査員に、2014年に第71回ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門の審査委員長に選出されたほか、2011年第68回ヴェネツィア国際映画祭に出品された『桃さんのしあわせ(原題:桃姐)』が主演女優賞(葉徳嫻/デニー・イップ)を受賞。2014年には話題作『黄金時代』が第71回ヴェネツィア国際映画祭クロージングフィルムにも選ばれました。

图片默认标题_fororder_9-2

  最新作『第一炉香』

  なお、許鞍華監督の最新作としては、中国の女流小説家、張愛玲の出世作『沈香屑 第一炉香』を原案とした『第一炉香』 が年内に一般公開される予定です。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室