電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム友好交流正文

人類運命共同体の理念で引き続き感染症対策の国際協力推進を=外交部

2020/9/9 9:54:12   source:中国国際放送局

  報道によりますと、世界保健機関(WHO)のブルース・エイルワード事務局長補は7日、「中国は感染症の予防・抑制に成功した。これは祝われるべきことだ」と示しました。エイルワード氏はまた、国際社会に向けて「中国がとった3つの措置として、公衆衛生インフラの全面的建設、国民一人ひとりの責任感の向上、そして総合的な救急治療能力の向上という取組みを参考にし、感染症の脅威に対応する持続的な準備を十分に整えていくべきだ」と呼びかけしました。

  これについて、外交部の趙立堅報道官は8日の定例記者会見で「新型コロナウイルスのパンデミックに直面する中で、中国共産党は14億の中国人民を団結させ率いて、感染症との決死の戦いを展開し、重大な戦略的成果を収めた。これは中国共産党の強靱な指導力と最も信頼できる主幹的役割を十分に示し、中国の国家制度とガバナンスシステムの著しい優位性を示し、中国人民・中華民族の偉大な力と中華文明の奥深さを示すとともに、中国の責任ある大国としての自覚的責任を示した」と述べました。

  さらに、趙報道官は「習近平主席は8日、全国新型コロナウイルス感染症予防・抑制表彰大会で発表した重要談話の中で、偉大な中国の抗疫精神を総括した。それは『生命を至上とし、国を挙げて一丸となり、身の危険を顧みず、科学を尊重し、運命を共にする』というものである。この精神は中国の感染症との戦いの偉大な実践の全過程を貫くに留まらず、社会主義現代化国家を全面的に建設し、中華民族の偉大な復興を実現する強大な力にも転化される」と述べました。(雲、謙)

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室