電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホームフォーカス正文

9月10日は「教師節」〜習近平主席の恩師とメッセージ

2020/9/11 8:43:59   source: CRI

  毎年9月10日は「教師節(教師の日)」です。中国の1700万人を超える教師たちが今日、それぞれの教え子や社会各界からの祝福と感謝を受けました。中国の指導者である習近平国家主席もまた、自身の師を含む全国の教師たちに祝福の意を伝えました。

  1965年9月、中学1年生の国語を担当する陳秋影先生が迎えた新入生たち。その中に当時12歳の習近平氏がいました。

  陳先生はその時の習氏について「休み時間でもほかの子と走り回ったりしない、穏やかで温厚な少年だった。授業で、民衆の苦悩への同情を表す作品を数多く作った唐の詩人・杜甫の詩を教えた後、彼が『自分は杜甫が大好きだから、杜甫の作品をもっと勉強したい』と言ってきたことを覚えている。勤勉で思考力のある生徒だった」と振り返ります。

  今から4年前、「教師の日」を翌日に控えた2016年9月9日、すでに中国の指導者となっていた習近平氏は母校の北京市八一学校を訪れ、教師と生徒らに祝意を伝えました。その際、陳秋影先生をはじめとする自身のかつての師とも会い、「母校には私のルーツがあり、思い入れがある。今この場にいる私は指導者でなく、一人の生徒だ」と語りました。

  習主席は今年の「教師節」を迎えるに当たって、「中国の教師たちは新型コロナウイルス感染症の流行期間中に子どもたちの心身を守り、世界的に最大規模のオンライン教育の実施を支えた」とした上で、「教師たちは、農村の子どもたちに夢を持たせた。教師が社会で最も尊敬される憧れの職業になり、社会全体が教師を尊敬し教育を重んじる気運が高まるよう努めなければならない」と強調しました。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室