電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホームフォーカス正文

習近平総書記「新時代において偉大な抗米援朝精神を継承・発揚」

2020/10/21 9:28:45   source:人民網日本語版

  中国人民志願軍抗米援朝出国作戦70周年にあたり、習近平中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)は19日、中国人民革命軍事博物館を訪れて「偉大な勝利を銘記し平和と正義を守るーー中国人民志願軍抗米援朝出国作戦70周年記念特別展」を見学した。新華社が伝えた。

  習総書記は「70年前、平和を守り、侵略に抵抗するため、中国共産党と中国政府は毅然として抗米援朝及び国家の防衛という歴史的決定を行った。英雄的な中国人民志願軍は正義の旗を高く掲げ、朝鮮の人民及び軍と共に、死を恐れず血みどろになって奮戦し、抗米援朝戦争の偉大な勝利を勝ち取り、世界の平和と人類進歩の事業のために多大な貢献をした。抗米援朝戦争の勝利は正義の勝利であり、平和の勝利であり、人民の勝利であった。抗米援朝戦争によって鍛造された偉大な抗米援朝精神は非常に貴重な精神的財産であり、必ずやあらゆる艱難険阻を克服し、あらゆる強大な敵に打ち勝つよう中国人民と中華民族を勇気づける。中国人民志願軍の英雄的事績及び革命精神を深く学び、宣伝し、党と新中国と改革開放と社会主義発展の歴史をしっかりと学んで、全党・全軍・全国各民族の人々に対して、党中央の周りにより緊密に団結し、最初の志と使命を胸に刻み、必勝の信念をゆるぎないものにし、小康社会(ややゆとりのある社会)の全面的完成、新時代における中国の特色ある社会主義の偉大な勝利の奪取、中国の夢、軍強化の夢の実現のためにたゆまず奮闘し、世界平和の維持、人類運命共同体の構築推進のために一層の貢献をするよう促す必要がある」と強調した。(編集NA) 

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室