電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム記者会見正文

山東の「一帯一路」成果が豊か、直達航路が14国の42都市に

2020/10/28 15:07:16   source:中国山東網

  28日午後、山東省政府新聞弁公室が記者会見を開き、山東省が対外開放の新高地を作り上げることについて紹介する。

  山東「一帯一路」建設成果が豊かで、「斉魯号」欧亜班列を統合して、「一帯一路」沿線国14国・42都市に直達し、今年1~3四半期に、運行された列車が前年同期比45.5%増の1151便になった。

  「斉魯号」欧亜班列を統合し、運行された航路が「一帯一路」沿線国14国・42都市に、2年間計2280便を開通し、今年第3四半期、前45.5%増の1151便になり、輸出入貨物の価値は97.9億元。国際複合一貫輸送を発展させ、中(魯)韓、中(魯)日欧亜国際物流通路統一サービスプラットフォームを構築し、日韓陸海快線を開通し、中韓陸海輸送を強化した。

  「国外貿易協力高品質発展行動を推進する計画 (2020~2022)」を公表し、「協力エリア+」発展機能を開拓し、産業クラスターと輸出けん引を引き上げる。1~3四半期、全省13社の国外経済貿易協力エリアは23.6億元の投資を完成し、生産高は137.2億元、57億元の国内貨物の輸出をけん引した。

  「シルクロード明珠」プロジェクトに参加し、沿線国とインフラ施設建設及び国際生産能力協力を強化する。2019年、対「一帯一路」沿線国の輸出入額、実際投資額、対外請負工事の完成額が全省に占めるシェアは別々に29.5%、31.8%と64.4%となった。今年1~3四半期、対沿線国の輸出と実際投資額は別々に10%、92.1%になった。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室