電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム友好交流正文

米Netflixが日本の佐藤信介監督とタッグ組んで「水滸伝」を映画化

2020/11/17 10:08:47   source:人民網日本語版

  「ムーラン 」の実写版がディズニーによって製作されたのに続き、中国古典文学「水滸伝」も海外で映画化されることになった。中国新聞網が報じた。

  海外メディアの報道によると、米Netflixは「水滸伝」を現代的な解釈で描くアクションアドベンチャー映画「The Water Margin」を製作する。メガホンを取るのは日本の佐藤信介監督で、「バーニング・オーシャン」のマシュー・サンドが脚本を執筆する。

  報道によると、未来派の手法で製作される「The Water Margin」は、「栄光とロマン、陰謀に満ちた史詩、アクションアドベンチャー。そのストーリーによって、忠誠、指導力、個人の犠牲を厭わずに社会的責任を担うなどのテーマに迫る」という。

  「砂時計」や「いぬやしき」などの映画で知られている佐藤監督が2019年にメガホンを取った中日合作映画「キングダム」は、原泰久の同名漫画を原作として、中国の戦国時代末期を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦争孤児・信が、秦王の王位奪回をサポートする物語で、中国でもロケが行われた。「キングダム」は、典型的な日本式熱血系映画で、2019年4月に公開されると、瞬く間に興行収入ランキングのダークホースとなり、最終的に興行収入57億3000万円を記録した。しかし、「ストーリーが論理的でない」というネットユーザーの声もあり、中国のコミュニティサイト・豆瓣のレビューは6.4ポイントにとどまっている。

  「The Water Margin」は、佐藤監督がNetflixとタッグを組むのは今回が初めてで、紹介を見ると、全く新しい「水滸伝」の世界が描かれることになりそうだ。

  ネットユーザーからは、「このコンビは、なんか違う感じがする。ドラマ『水滸伝』は名作となった。中国の古典文化を外国の監督が映画化したらどんな感じになるのだろう?」や「古典文学を映画化した一部の作品はさっぱりの出来だった。中国の歴史、文化が尊重されることを願っている。むやみやたらに映画化してほしくない」などの声も上がっている。

  その一方で、「古典文学の映画化は、誰がしてもいい。『西遊記』や『三国演義』なども、海外で映画化されている。この未来派版の『水滸伝』は、原作とは全く違う出来になるのだろう。新しい文化と古い文化がぶつかり合うというのは、とてもおもしろいことだ」という声もある。

  (編集KN)

  「人民網日本語版」2020年11月17日 

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室