電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東経済正文

コーヒー豆を挽き、食器を並べる…「彼氏力」の高いロボットが登場

2020/11/17 10:20:34   source:人民網日本語版

  コーヒーの手挽きが面倒で、食器を並べるのが退屈で、粉ミルクを溶かす時のお湯の量の加減が難しい――今やロボットアームが自ら「こうした単純で退屈な作業は私に任せて」と声をかけてくれるようになった。中国新聞網が伝えた。

  「長江経済ベルトで共に舞い、質の高い発展を見る」と題したオンラインテーマイベントがこのほど、江蘇省南京市の江蘇集萃智能制造技術研究所有限公司で行われた。現場で紹介された協働ロボットは、人の腕のように動いた。このロボットは人の重複作業を代わりに行い、重さ3キロ、5キロ、10キロに対応でき、まさに「彼氏力MAX」だ。

  現場のスタッフによると、オーダーメイド型ロボットは異なるシーンの需要に基づき、食器を並べ、ビーフンを作り、コーヒー豆を挽き、ミルクを入れ、振って混ぜ、コーヒーアートなどを作れる。例えばある飲食店での実際の応用において、開発・設計チームは顧客の需要に基づき、食器並べ装置を特別に作った。装置が自動的に動き、ロボットが顧客からの注文を受けると移動し、空の碗を取り、盛り付けの場所に置き、盛り付けを終えると自動的に決められた場所に置く。

  スマート製造は次の産業革命の中心であり、江蘇省の産業高度化の重要ルートでもある。時代の発展の流れに乗るため、江蘇省産業技術研究院、スマート製造中核チーム、南京市江北新区は2016年9月に、江蘇省産業技術研究院スマート製造技術研究所を共同設立し、「江蘇集萃智能制造技術研究所有限公司」として登録した。主にバーチャル工場の設計、先端設備や製造実行システムの開発を行う。(編集YF)

  「人民網日本語版」2020年11月16日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室