電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東文教正文

月探査機「嫦娥5号」、4つの史上初を目指す

2020/11/25 9:16:35   source:CRI

  北京時間24日午前4時30分(日本時間午前5時30分)、月探査機「嫦娥5号」が中国南部の海南省にある文昌発射センターから長征5号シリーズ運搬ロケットによって打ち上げられ、月に向かいました。嫦娥5号は中国の宇宙航空において最も複雑な任務を担っています。今回の任務では4つの史上初の達成を目指しています。

  ①月面でサンプル採取を行うこと

  嫦娥5号の着陸機と離陸機からなる「離着陸セット」は月面で自動的に土を採取した後、サンプルを離陸機に入れる予定です。

  ②月面からの離陸を実現すること

  「離着陸セット」がサンプル採取を行った後、離陸機は月面から離陸し、サンプルを持って月周回軌道に入ります。

  ③月から38万キロ離れた周回軌道で無人ドッキング作業を完成させること

  離陸機が月面を離れて、月周回軌道に入った後、軌道機、帰還機とドッキングして、共に「軌道返還セット」を組み合わせます。これまでの地球周回軌道におけるドッキング作業とは異なり、月周回軌道で自動ドッキング作業を行うことは、大きなチャレンジとなっています。

  ④第2宇宙速度(脱出速度)に近いスピードで地球へ帰還すること

  月から戻る嫦娥5号は、毎秒11.2キロに近いスピードで地球に帰還します。未経験の帰還速度と月の土を抱えていることから、帰還機の安全性や耐熱性にはより大きな強度が求められます。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室