電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東経済正文

北京CBDに新たに進出した1.5万社が業務スタート

2021/2/23 9:38:26   source:人民網日本語版

  春節(旧正月、今年は2月12日)の正月ムードが徐々に薄れる中、北京中心業務地区(CBD)は普段の賑わいを取り戻した。エリア内では現在、新たに進出した企業1万5千社が急いで次々に業務をスタートし、「新居」で初めての春を迎えようとしている。「北京日報」が伝えた。

  2020年には、新型コロナウイルス感染の影響を受けながらも、北京CBDの経済発展ペースは引き続き力強いものだった。統計によれば、同年に新たに登録された企業は1万5千社に上り、このうち外資系企業は770社、多国籍企業の本部は8ヶ所で、北京市全体で最多だった。同CBD機能エリアの税収は1100億元(約1兆7977億円)を超え、全市への経済寄与度は19年に比べて1.2ポイント上昇した。(編集KS)

  「人民網日本語版」2021年2月22日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室