電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホームフォーカス正文

中国、「今いるところで年越し」で地元の行楽地にタクシーで行く人激増

2021/2/24 9:00:41   source:人民網日本語版

  中国の配車アプリ「滴滴出行」は22日、春節(旧正月、今年は2月12日)に合わせた7連休中のタクシー利用ビッグデータを公開した。新型コロナの影響で、今いるところで年越しをした人々の間では外出ニーズが高まり、普段住んでいる都市内でタクシーを利用する人が激増した。うち、行楽地へ向かう利用者が前年同期比で247%増となった。中国新聞社が報じた。

  今いるところで年越しをした人々の特徴は3つのデータに色濃く表れている。

  まず、春節の7連休中、鉄道駅や空港、長距離バスターミナルなどを往復するタクシー利用車が2019年同期比で34.7%減となった。

  次に、普段住んでいる都市を離れて、別の地域でタクシーを利用する人の割合がここ3年で最低となり、2019年同期比では33.4%減となった。

  3つ目は、普段住んでいる都市で、休日出勤する人の利用が103%増となった。春節7連休中、タクシーで通勤する人の利用は前年同期比で103%増で、中でも「90後(1990年代生まれ)」が、その主力となった。

  今いるところで年越しをした人々の間でニーズが高まり、普段住んでいる都市内でのタクシー利用をめぐるデータが跳ね上がった。

  春節7連休中、「滴滴出行」を利用して、行楽地に向かった人は前年同期比で247%増となった。うち、戸外活動、観光スポット、グルメ、ショッピング、美容・理髪などを目的とした利用者が目に見えて増え、前年同期比でそれぞれ630%増、360%増、227%増、217%増、203%増となった。

  タクシー利用のほか、運転代行の利用者も前年同期比156%増となった。例年は、運転代行の利用は主に二、三線都市に集中していたのに対して、今年は、北京や深セン、上海、成都、温州が、利用者が最も多かった都市トップ5を占めた。2019年同期比でそれぞれ、205%増、233%増、450%増、170%増、62%増だった。(編集KN)

  「人民網日本語版」2021年2月23日

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室