電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム記者会見正文

山東が「十四五」現代化総合交通運輸システムを建設

2021/3/10 16:28:23   source:中国山東網

  9日、山東省政府新聞弁公室の記者会見によると、「十四五」時期、山東省は交通強省建設を加速し、基本的に現代化総合交通運輸システムを完成する。うち、済南、青島、煙台、イ坊、臨沂などの総合交通の要都市建設を加速し、20の総合交通の要を作りあげる。

  「十四五」時期、山東高鉄発展の主要な任務は連結を強化し、「四横六縦」現代化高速鉄道ネットワークを構築し、全省をカバーするパターンを形成し、2025年までに、高速鉄道の開通距離は4400キロ以上に、「市市で高速鉄道を開通」を実現する。同記者会見によると、2021年に、魯南高速鉄道の全線の開通を目指し、また、雄商高速鉄道、京滬高速鉄道補助通路天津ーイ坊区間、イ坊ー新沂区間、済浜高速鉄道、徳商高速鉄道、青島ー京滬高速鉄道補助通路の6項目は年内で着工する予定。

  高速道路の面で、「十四五」期間、我が省は高速道路の新規追加、スピード向上、通路拡大を実施する予定。2025年までに、全省の高速道路の開通距離は10000キロを超え、省間出口は30ヵ所以上、6車線道路の比例は35%に引き上げる。

  運輸サービスの面で、「十四五」期間、我省は便利な客運サービスシステムを作り上げる。2025年までに、全省国際便は120以上、国内便は670以上に引き上げる。済南、青島、棗庄、煙台、イ坊、威海などの都市を国家公共バス都市として建設する。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室