電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム友好交流正文

日本の一連の中国へのネガティブな動きに重大な懸念=外交部

2021/4/2 12:34:53   source:CRI

  外交部の華春瑩報道官は1日の定例記者会見で、「日本における最近の、中国に関連する一連のネガティブな動きに、中国は重大な懸念を持っている」と強調しました。

  日本とインドネシア両国はこのほど、日本国内で外務・防衛閣僚会合(「2+2」)を行いました。共同通信などの日本メディアは、両国は中国について、南海、東海で緊張を高める可能性があるいかなる動きをすることにも強く反対することと、中国が「海洋警察法」を公布することに懸念を表明したなどと報道しました。華報道官は同件について、「インドネシア側は実際には、日本での発表後、ただちに中国と意思疎通を行い、関連状況を説明した。私が強調したいことは、いかなる国と国の関係の発展もその両国の利益に合致するだけでなく、地域と世界の平和的発展に建設的な役割を果たし、プラスのエネルギーを提供すべきであり、第三者を対象としてはならないということだ。我々は日本の最近一連の中国にかかわるネガティブな動きに重大な懸念を持っている。日本には、いざこざを引き起こすことをやめ、国際関係の基本準則を厳守し、中国に対するデマや中傷を停止し、実際の行動をもって中日関係の大局を維持するよう求める」と述べました。

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室