電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東正文

第5回山東文化観光惠民消費シーズンが4月中旬に起動

2021/4/8 15:00:52   source:中国山東網

  山東省文化観光庁が4月7日に開催した記者会見によると、第5回山東文化観光惠民消費シーズンが4月中旬に16都市で起動し、10月に続け、省・市・県・郷・村で同時に開催し、共同に推進される。同イベントは文化・観光及び関係消費の深度融合を強化し、供給と需要の面で努め、消費者への直接な補助、お店の割引や金融機関の支援などの形を採用し、群衆的文化観光惠民イベントを行う。

  山東省が文化・観光消費を推進する重要なブランドイベントとして、山東省は4回連続開催し、今年の消費シーズンは新たな特色を迎えた。「銀聯雲閃付、斉魯芸票通などの電子商取引プラットフォームの基礎で、シートリップ、トゥニウ、アリババ傘下の国内トップ電子商取引プラットフォームと協力する」省文化観光庁産業発展処の処長の張百科氏が紹介した。

  今回惠民消費シーズンはさらに金融資本を吸収、文化観光消費を促進することを強化し、中国銀聯山東分公司、工商銀行山東省分行、建設銀行山東省分行などの金融機関は1500万元を投じて山東省文化観光惠民消費クープンを配布する。銀行などの金融機関を基づき、ポテンシャルのあるまた信用の良い中小文化観光企業を選び出し、信用借金の支持を与える。

  また、今回消費シーズンは「惠游斉魯・健康生活」「智游斉魯・雲享未来」など3366項目のテーマイベントを行う。現在各市文化観光消費活動は順調に進められ、16都市は1.5億元の文化観光惠民財政資金を実行した。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室