電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホームフォーカス正文

日本の教科書訂正で「平和を愛する人は許さない」=外交部

2021/9/14 9:19:02   source: CRI

  日本で「慰安婦」に関する歴史的事実を改ざんした教科書が承認されたことを受け、外交部の趙立堅報道官は13日の定例記者会見で、「日本側はまたも教科書の問題で悪知恵を働かせ、文字遊びをしている。平和を愛する人々はこれを絶対に許すことはない」と述べました。

  報道によりますと、日本の文部科学省は、このほど教科書の出版社5社が提出した「従軍慰安婦」「強制連行」などの表現の削除や変更に関する申請を承認したということです。

  これに対し、趙報道官は、「歴史を曖昧にし、自らの罪と責任を薄れさせ、またはそれを逃れ、侵略の歴史を漸進的に否定し歪曲する行為である。これは、日本が長期にわたり侵略の歴史を正しく真面目に考えていないという誤った態度と行動を改めて示すものであり、被害国の国民の感情を再び傷つけた」と指摘しました。

関連記事を

写真

辭書:
主管者:山東省人民政府新聞弁公室