電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東経済正文

高速列車「瀾滄号」がラオス首都に到着 動態チェックに投入

2021/10/18 9:37:31   source:人民網日本語版

  10月16日午前11時(ラオス時間の午前10時)、赤・青・白の3色に塗り分けられた流線型の高速列車が、完成したばかりの中国ラオス鉄道ビエンチャン駅に到着し、両国の合弁会社の老中鉄路公司に引き渡しされた。この列車は「瀾滄号」と名付けられ、近く中国ラオス鉄道の動態チェックに投入される予定だ。澎湃新聞が伝えた。

  中国鉄路国際有限公司の関係責任者の説明によれば、今回引き渡しされた高速列車は老中鉄路公司が行った入札で調達が決まり、中国中車集団に所属する中国中車青島四方機車車両股份有限公司と中車大連機車車両有限公司が共同で製造したもので、動力車が貨車を牽引し、両端で操作・運転ができるようにした動力集中型の高速列車だ。設計製造の過程では、中国国家鉄路集団有限公司が落札した企業を組織し、中国の「復興号」動力集中型高速列車の成熟した技術に依拠して、国境を越えた輸送環境と線路の条件に積極的に対応し、ユーザーのニーズを十分に満たし、適応性を高めるよう改善を行った。技術の先進性、安全と信頼性、十分な旅客積載量、乗車の快適さ、運営コストの低さなどの特徴が備わり、主要性能指標は中国ラオス間鉄道の全線運営に対する要求を完全に満たしている。

  同責任者は、「高速列車『瀾滄号』は最高時速が160キロメートル、9両編成で、動力車、一等車、食堂車が各1両ずつ、二等車が6両あり、定員は720人、必要な時には2両の重連運転が可能だ。車両はゆったりと広く、空調は自由に温度を調節でき、座席は人体工学に基づいて設計され、座席セットの下には中国とラオスの規格に対応した電源コンセントがあり、旅客は快適で便利な乗車体験を楽しめる」と述べた。(編集KS)

  「人民網日本語版」2021年10月16日

関連記事を

写真

辭書:
主管者:山東省人民政府新聞弁公室