電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東正文

匠の心をもって、木を造る芸——楷書師の顔景新

2022/6/10 10:57:26   source:中国山東網

  初めて顔先生を見たのは2011年だ。その時、彼は75歳で、弟子たちと暗くて湿った小さなスタジオに押し合って、うっかりくしゃみをしても顔が削られていて、師弟たちは長い間笑っていた。十年后の今日、また会って、先生の体は昔ほどではなくて、道を歩いて、人にできずに支えに行きたいと思った。しかし、惊かせたのは、彼が刀をつまんだ瞬间、瞳の中に瞬间に光があって、手も震えない。

  曲阜は、楷木の彫刻は今から2400年余りの歴史があり、その原材料は孔林の珍しい植物楷樹に源を発し、創始者は孔子の弟子ー子貢である。孔子が亡くなった後、孔子の弟子は霊を守って3年、子貢は霊を守って6年、彼は故郷から楷木を持ってきた苗木を孔林の中に植えたので、「子貢の手は楷を植える」という故事があると言われている。子貢は楷木で師孔子、師母亓官氏二体の円彫座像を彫刻し、楷彫を創始した。

  乾隆年間、顔景新の祖先は楷木彫刻に従事し始め、一代に伝承され、彼はすでに5代目になった。幼い頃、顔景新はよく祖父の顔振軒の隆盛木店で遊んで、おじさんたちが熟練した彫刻作品を見ていたが、好奇心からか、体の中の興味からか、7、8歳の時に初めて彫刻刀を手にしたが、この握りは80年だった。

  昼間、水を拾う時に「三孔」の古建、鳥居、石刻を注意深く観察し、ノートを書いたり、考えたり。夜、ランプの下で絵画と彫刻を練習する......手は数え切れない刀の口、刀の先が磨かれた凹み、木の材料に咲いた花、跳ね上がった鳥獣虫魚は、顔景新の楷彫りの技術の成長を目撃している。「一柄如意万余刀は、製作から用途まで、速くないに決まっている。刀に花が咲くのは、職人の心を持って、木を造る芸のためだ」と述べた。 

関連記事を

写真

辭書:
主管者:山東省人民政府新聞弁公室