電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東文教正文

三星堆遺跡で金の仮面を被った青銅人頭像を再び発見 四川省

2022/6/17 9:45:41   source:人民網日本語版

  四川省徳陽市管轄下の広漢市にある三星堆遺跡の8号坑で出土した金箔製の仮面を被った青銅人頭像が今月16日、考古学者によって手作業で丁寧に発掘される。この像は今でもその輝きを失っておらず、人々を驚嘆させている。この青銅人頭像の貴重な点は、金の仮面が今も像にしっかりと被せられていることにある。同遺跡の今回の発掘で発見された中で、青銅人頭像にしっかりと被せられた金の仮面はこれが唯一のものとなっている。中央テレビ網が報じた。

  発見されたこの文化財を手作業で丁寧に発掘し、その後修復するというのは至難の業だ。美しい金の仮面を被った青銅人頭像の姿が公開される日が待ち遠しい。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年6月16日

関連記事を

写真

辭書:
主管者:山東省人民政府新聞弁公室