電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東正文

煙台格「外」好 外国人が蓬莱を訪れワインを飲みながら仙境で見学

2022/6/20 13:55:35   source:中国山東網

  6月18日、煙台格「外」好ー外国人が蓬莱を訪れワインを飲みながら仙境で見学するイベントは行われ、アメリカ、カナダ、フランス、韓国、オランダなどの国からの21人の外国人は煙台蓬莱を訪れ、美味しいワインを飲みながら、仙境見たいな煙台で見学した。

  山東煙台は北纬37度線にあり、我が国の重要なワイン生産エリアである。蓬莱は葡萄の栽培に優しい「3S」の特質を持っていて、即ち光、砂礫、海洋である。フランスのボルドー、アメリカナパなどのワイン生産エリアとともに「世界7大葡萄の岸」と言われている。

  見学した前、アメリカからの華聖外国人子女学校で教師を担当するEvan Varsさんは自分の期待を表し、ワインは煙台の観光、文化、経済に大切だと思い、「この前、煙台のワイン酒藏を見学したことがり、今日の旅に期待を抱き、各種類の煙台ワインを飲みたいと思います」と述べた。

  外国人はLafite集団瓏岱酒藏、逃牛嶺酒藏、君頂酒藏、中糧長城を訪れ、ワインの魅力を感じた。外国人は煙台のワインを褒めて、「美味しい!美味しい!」などの好評の声は絶えなかった。

  フランス出身の魯東大学の教師のLouis Lamyさんによると、この前煙台のワイン醸造歴史は長いと分かり、今回の活動を通じて、煙台のワイン醸造工芸を見学し、異なるワインを飲んで、煙台のワインとフランスのワインは自分なりの特色があり、「世界7大葡萄の岸」という称号も名実相伴う

  蓬莱、国内唯一の「中国ワイン名城」として、今62社のワイン企業を有して、年間生産能力は14万キロリットルで、総合生産値は45億元。33ヵ所の酒藏があり、1ヵ所の国家級ワイン特色の町があり、蓬莱海岸ワインエリアブランド価値は80億元。

  煙台で3年暮らしているLouis Lamyさんは煙台の山と海が好き、また、仙境の物語、友好の市民、天気も好きで、煙台は故郷のフランスと同じくロマチックな都市だと思うと述べた。

  煙台格「外」好ー外国人が蓬莱を訪れワインを飲みながら仙境で見学するイベントは煙台市委員会宣伝部、煙台市人民政府外事弁公室、煙台市蓬莱区人民政府により主催され、煙台にいる外国人をよりよく煙台を理解させることを目指している。

  中国山東網

関連記事を

写真

辭書:
主管者:山東省人民政府新聞弁公室