電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東文教正文

農耕文化が産んだ生きた化石とも言われる「安塞切り絵細工」

2022/8/5 8:14:15   source:人民網日本語版

  陝西省延安市安塞区は、中国西北エリアの黄土高原文化が最も優れた状態で保存されている地域の一つだ。伝統的な農耕文化から生まれた「生きた化石」とも言われている安塞切り絵細工の職人は、下絵を描くことなく、はさみを動かしながら、頭でイメージした図柄を切っていく。

  また、この切り絵細工から生まれた安塞民間絵画は大胆な色使いがその特徴で、生活感にあふれ、インパクト溢れた作品となっている。

  安塞区の農家に生まれ、そこで育ったという余沢玲さん(56)は国家級無形文化遺産・安塞切り絵細工の県級代表性伝承人に認定されており、切り絵細工を作り続けて40年以上になる。そんな余さんは、「伝統技術を使って、風俗、風情を描き出し、庶民の生活を記録することに、誇りを感じているので、今後も続けていきたい」と語る。

  安塞切り絵細工は、陝西省北部を代表する歴史文化で、それを愛する余さんのような民間の芸術家たちが、長年努力し、受け継がれ続けてきた。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年8月4日

関連記事を

写真

辭書:
主管者:山東省人民政府新聞弁公室