電話:0531-82626555
中文|English|한국어
ホーム山東経済正文

中国初の深海・遠海での浮体式風力発電施設取り付けへ

2023/3/27 9:07:23   source:CRI

  中国初の深海・遠海での浮体式洋上風力発電施設「海油観瀾号」が26日、中国南部の広東省珠海市のふ頭を離れました。今後、海南省文昌市周辺海域に運ばれ、取り付けやテストが行われます。

  浮体式洋上風力発電施設は、海上に浮きながら風を捉えて発電するもので、浮体の内部に水を注入することによって波に抵抗し、全体のバランスを保つ仕組みとなっています。

  「海油観瀾号」の設備容量は7.25メガワットで、海南省文昌市から136キロ離れた海上油田に設置されます。この施設は中国初の深さ100メートル超、陸地から100キロ離れた浮体式風力発電プラットフォームです。

  稼働すれば、年間発電量が最大で2200万キロワット時に達し、ガス燃料の使用を年間約1000万立方メートル節約できるということです。

関連記事を

写真

辭書:
主管者:山東省人民政府新聞弁公室