電話:0531-82626555
中文|English|한국어
ホーム山東正文

特色ある農業が鄒城農村振興の新たな原動力を活性化させ=山東省

2023/9/14 16:04:30   source:中国山東網

  山東省鄒城市城前鎮玉皇廟村の仙沃栽培協同組合基地では、乳白色の菌棒が規則的に畑に並び、菌棒にはキクラゲがびっしりと生えており、まるで水墨画の中の黒牡丹のように、喜ばしい豊作の光景を呈した。

  玉皇廟村で栽培されている黒キクラゲは村の協同組合が発展させた新しいプロジェクトだ。「現在、玉皇廟村の黒キクラゲは数ヶ月の栽培を経て、すでに全面的に収穫期に入り、1ムーの土地は2000斤余りの乾燥キクラゲを収穫することができ、今年は3万斤余りの乾燥キクラゲを収穫することができると予想され、現在の乾燥キクラゲの市場価格は1斤当たり40元で、上半期の収入は約70万元です。」村の責任者の曽民さんは記者に言った。

  

  今年以来、鄒城市は聨農、帯農、富農という新メカニズムを積極的に革新し、一連の特色ある産業発展モデルを模索し、村の集団経済発展が収入を増やし豊かになる道を模索することに力を入れ、農村経済の安定した健全な発展と農民の収入を増やし豊かになることを効果的に促進した。

  鄒城市香城鎮大黄村で栽培された紫色のジャガイモは、村の人々を増収に導く「金の豆」にもなった。

  「この黄色いジャガイモは私たちが普段食卓で食べているもので、1ムー当たりの生産量は8000斤から9000斤に達する。この紫色のジャガイモは1ムー当たり5000斤で、生産量は低いが、経済効果は比較的に高いです。」大黄村の責任者である劉偉氏は、「今年、大黄村は全部で50ムーのジャガイモを、そのうち30ムーは紫色のジャガイモを栽培している。30ムーの畑では約150000斤のジャガイモを収穫することができ、人工などの各種コストを除くと、紫色のジャガイモの純利益だけで50-60万元に達することができると計算した。

  鄒城は特色ある産業振興によって農村の全面的な振興をリードし、農村の資源の優位性、生態の優位性を製品の優位性、産業の優位性に転化させ、全市の農村産業は勢いよく発展する良好な局面を呈した。鄒城市農業農村局の関係者によると、彼らは「協同組合+企業+農家」の発展道路を堅持し、協同組合が各種の資金資源を整合し、多方面から集団収入の増加、大衆が豊かになるルートを広げ、科学技術、先導企業、良質な資本を積極的に導入し、多ルートで企業の効果増加、大衆の増収、集団の増富を推進し、特色ある優位産業の盛んな発展を持続的に推進し、農業の質の高い発展の歩みを加速させる。

関連記事を

写真

辭書:
主管者:山東省人民政府新聞弁公室