濰坊市第11回党大会で「一三四七」の目標任務及び戦略重点は明確に掲げられ、うち、「産業強市」、「文化名市」、「活力都市」、「品質都市」の計画布石の作りが重点となっていて、高度の戦略的な考え方を明らかにし、時代の要求に適応し、濰坊の特色を有する都市の発展の道であり、さらに豊かな、文明的、活力溢れる現代化強市を建設するため必然的な選択である。

文化名市

「文化名市」の作りは心と力を凝集する重要な宝器である。都市の「魂」として、文化は都市の実力の重要な部分であり、また経済社会発展を推進、都市の競争力を向上するため重要な内在する原動力である。

民俗文化

イ坊安丘石家荘民俗村を訪れ 民俗を体験に

安丘石家荘民俗村は安丘市西南16キロメートルの凌河鎮に位置し、緑豊かで整然としている。2階建てのビルはびっしりと、秩序よく立ち並んで、きれいで明るい。花畑が道沿...[詳細]

自然風景

青州駝山を訪れ 中国古代の彫塑、絵画芸術を感じ

「駝嶺千尋」と名付けられた駝山は青州市区から5キロメートル離れていて、雲門山と東西に向かい合っている。山の背が駱駝のこぶに似ているところから、駝山と称される...[詳細]

「産業強市」の作りは根本を固める戦略的な選択である。産業は実体経済の中で一番重要なキャリアであり、経済実力の源でもある。産業発展の加速は構造調整を推進する有効なルートであり、さらに資源の優位性を経済実力に転換させる根本的なルートであるとも言える。

「活力都市」の作りは時代の流れに順応する客観的な需要である。この精神の実行を貫くために、都市発展の新たなトレンドに順応し、発展措置を革新し、濰坊市の特徴に適応する都市発展の道を切り開く。

「品質都市」の作りは都市発展の内在する要求である。即ち、誠信濰坊、品質濰坊を都市名刺にし、濰坊市を地元住民に誇りを持たせ、他の地域の住民から羨ましがられる憧れる都市にする。