中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息

新山東を感知 新済寧を触れ 文化振興により産業融合を促進

2019/9/30 14:20:55   來源:中国山東網 2019/9/30 14:20:55

  9月24日、「感知新山東」中国駐在機構斉魯行・農村振興篇イベントは孟子の故郷でる鄒城市大束鎮灰城子村を訪れた。在青島日本、韓国、タイ総領事及び三国企業代表の30人余りは灰城子村の自然の美しさを近距離で感じた。

  灰城子村は山、水、文化によって産業を発展させ、美しい農村を建設して、文化が郷愁を集めるテーマとして、灰城子村の歴史、陶磁器の歴史を整備、農村文化の内容を豊かにした。灰城子村は文化が農村振興のきっかけにして、紛失を控えた陶磁文化を普及、灰城子村の原始自然の美しさを展示する。

   

  灰城子村における陶芸館では、農民が自分から寄付した文物と古代の陶磁器の模造品が集まって、灰城子村の悠久な歴史と文化を現れている。在青島日本、韓国、タイ総領事及び三国企業代表は陶磁器の作り方を体験した。

  灰城子村の担当者によると、灰城子村は「陶磁器文化」をきっかけに、抽象的な符号化したもので遺存した歴史文化を展示、南方農村の建設理念を参考にしながら灰城子村のイメージを完備させた。遺跡を保護するために、灰城子村は文化壁を筑いた。文化壁では、経典的な陶磁器の器形と古窯模型も設置、一部の陶磁器の作業プロセスを壁画に描いた。

  文化と産業の融合は、郷愁を引きとめることだけでなく、灰城子村全体を活性化させた。灰城子村は村の体験エリアを拡大、体験種類を増加、より多くの農民を伝統的な陶磁器作りに参加させる。観光業の発展を通じて、農民の収入を着実に増加する予定。

  中国山東網

関連記事を

写真

主管者:山東省人民政府新聞弁公室