電話:0531-85876666
中文|English|한국어
ホーム山東正文

青島自動化埠頭が外国メディア取材グループの記者たちの好評を博した

2022/6/23 14:13:05   source:中国山東網

  52.7基、山東港口青島港自動化埠頭の走行クレーンの作業効率は8回に世界記録を更新し、グローバルで初となるスマート軌道集散システム(モデルエリア)、グローバルで初となる「水素+5G」スマート生態埠頭など、山東港口青島港自動化コンテナ埠頭はグローバル自動化埠頭分野で「中国の方案」「中国の効率」の旗を上げた。6月20日午後、第3回多国籍企業リーダー青島サミット外国メディア取材活動の記者たちは山東港口青島港自動化コンテナ埠頭を訪れ、グローバルスマートグリーン港建設の「中国の方案」を探っていた。

  埠頭の作業エリアに入ると、ブリッジクレーンが岸にたっていて、無人搬送車も走っている。このエリアでは、全然スタッフが見えなかった。

  山東港口青島港自動化コンテナー埠頭は世界で最も技術の先進的、自動化程度の最も高く、積み下ろし効率の最も速い自動化埠頭であり、アジアで初となる自動化コンテナー埠頭である。2017年5月11日に正式に運営されてから、積み下ろし効率は持続的に向上され、今一台あたりの効率は36.2基に、最高57.76基になり、人口埠頭の効率を超え、作業効率は外国同類自動化埠頭より50%を上回った。

  2021年6月30日、グローバルで初となるスマート軌道集散システム(モデルエリア)は山東港口青島港自動化埠頭で稼働した。同システムは山東港口青島港と中車長江集団により協力して開発されて、空中軌道技術と埠頭業務の融合を実現し、もっと安全的、高効率的、環境保護的、経済的立体智慧グリーン埠頭集散モデルを構築した。

中国山東網

関連記事を

写真

辭書:
主管者:山東省人民政府新聞弁公室